初の広告掲載! byカゲテツ

ビジネス

だいぶ寒くなってきましたね!

今日は「初のリアル広告をだすよ」って話をします!
もちろん今までにweb広告(Facebookやインスタグラム)を出したことはあります。ネット企業ですので当たり前ですね。

どんな広告かというと、お祭りのパンフレットに掲載される広告です!

まずは僕の学生時代とよさこいについてご説明します。

皆さんご存知かと思いますが、僕は大学時代よさこいをおどっていました! #知るか
よさこいをしている学生は金髪も多く「怖そう!」と思っている人も多いかもしれませんが、皆青春を謳歌するために髪型が激しいだけで、根は本当に優しくていい人ばかりです!
僕の中で「よさこいしてる人=いい人」です(笑)
そんな僕の大学時代の髪型も、金髪や銀髪や金髪坊主にラインを入れる(まるでEXILE)など派手でした。
そして、学生のよさこい人の多くは意味のわからないあだ名がつきます。
ちなみに僕のあだ名は「九九」でした。
その理由は僕が大学で数学科だったので「掛け算の九九でいいんじゃない?」って感じで決まりました笑
それ以外にも、しゃけやらグリコやらティラミスやら様々なあだ名が存在します。

話を戻します(笑)
大学時代に僕が所属していたのは「踊り侍」というサークルでした。
本当に熱いサークルで、喧嘩をしたり、感動したらみんなで泣いたり、どうしたらチームが良くなるかをみんなで考えたりしていました。
何事にも本気でぶつかっていくチームで、ここで僕は素晴らしい大学生活をおくらせてもらいました。
このチームでよさこいを踊るために、北は北海道、南は高知まで全国各地を巡りました。

では、なぜ今回お祭りに広告を出すことにしたのか。
みなさんもご存知のとおり、今年はコロナの影響で全国の祭りという祭りが全てなくなりました。
それにより今年引退の3年生は「今年しかない幹部代としての活動」が全くできない状況でした。
また、踊り侍では毎年幹部代が新しい踊りを考えて、それを全メンバーで1年間通して踊るのですが、それを1度も披露することなく引退を迎えることになりそうでした。
本当に本当に想像できないくらい辛かったと思います。
仕方ないことですが、仕方ないでは済まないくらい本当に悔しかったと思います。

そんな踊り侍がコロナ対策を行った上で「自分たちの手で祭りを作る」と聞いて、これは応援したい!と思い、今回わずかではありますが広告を出すことに決めたという流れです!
本当に心から応援しています!

広告を出すということで、もちろんぼくはその中での最大効果を狙います!ただのいい人ではありません(笑)
今回の広告で数値がどう変化するかを徹底検証したいと思います!

ちなみに、このお祭りはキャンプファイヤーでクラウドファンディングを行っています!
まだ間に合いますので、こんなにも頑張っている後輩たちを是非応援してもらえると嬉しいです!

【早稲田大学”踊り侍”】今年にしかできない一夜限りのお祭りを創りたい‼
コロナウイルスの影響により、学生よさこいチームや早稲田のパフォーマンスサークルは演舞を披露する場を失いました。そこで、私たち踊り侍は彼らと共に『今年にしかできない、今年だからこそできるお祭り』を創り上げたい、そしてこのお祭りを通じて、2020年を生きる人々の心に元気や感動を届けたいと考えています。

そしてお時間のある方は是非お足を運んでみてください!

シン・祭 | 今、心にともしびを
今、心にともしびを

よさこいだけでなく、早稲田有数のパフォーマンス団体の演技を見ることができるはずです!

以上、影山でした!

【オンラインサロン】
毎日、初のホテル運営の裏側を包み隠さず公開しています。
ご参加いただくことによって、スタートアップのリアルを体験することができます。
ホテルの準備をしていく上では検討事項や課題が山ほどあり、メンバーの方から幅広い意見や応援をいただけると泣くほど嬉しい!!というのが現状です。
ご興味のある方はコチラ↓
Bulls企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました